遅延すると大きな損をする

カードローンの返済は引き落としが大半であり、返済が出来ないことは殆どありません。しかし返済が出来る金額を用意しなかったため、返済されていないと連絡が入ることもあります。引き落とし以外の方法を利用している場合も同様で、返済するのを忘れたがために、電話連絡で催促をされる可能性があります。

 

返済日を過ぎてしまうと、その時点で遅延損害金の支払いをしなければなりません。遅延損害金はどの金利でも、一定の数字まで引き上げて利息を計算することになります。損害金がこれだけと決まっているのではなく、返済していない場合はこれだけの金利で支払ってもらうという形を取っています。大きい金額ほど損をするのはこのためです。

 

電話連絡も頻繁に行われるようになり、少しでも早めに返済をするか、返済が出来ないために債務整理という選択を取ることになります。指定された金額以下でも、電話で相談すれば対応してくれることがあるので、なるべく相談をして結論を出してください。借りている会社によっては、少しだけなら損害金を支払わなくてもいいです。

 

1ヶ月以上放置していると大変なこととなり、利息だけで1万円以上増えているケースがあります。遅延損害金は大きな損失を生む要因で、絶対に作ってはいけません。

 

多くの借り入れがあると返済期日の忘れなどによる遅延や不足入金も増えてしまいますので、なるべく借り入れは一つにまとめるおまとめローンを考えておきましょう。おまとめ対応で借りられるオリックス銀行カードローンの利用を、まずは考えておきましょう。